クレジットカード

クレジットカードはどうやって選べばいいの?

投稿日:2016年11月11日 更新日:

よりお得なクレジット選ぶためには、比較基準を知る必要があります。強いカードは、使う場面や使い方で違い、いかに自分のライフスタイルに合ったカードを手に入れるかが重要なポイント!

カード選びの基本から学んで、自分だけのおトクなカードを見つけましょう♪

まずは知っておきたいワード「還元率」とは?

貯まったポイント数を円換算し、利用した金額で割った率のことを「還元率」といいます。これがカード選びで重要な比較要素となるんです。

例えば100円利用で1ポイントが得られるカードであれば、還元率は1%、199円の利用だと端数が切り捨てになるので約0.5%になります。

クレジットカードお得なキャンペーン情報のサイト

カード選びの基本になる3つのポイント

1⃣年間利用額

最近のカードは、年間利用金額によってボーナスポイントが発生したり、年会費が無料になるなどの優遇を受けられるものが多いです。これを計算にいれておけば、実際にカードを利用したときの還元率が想定しやすくなります。できるだけカードで支払うようにして、利用額を上げましょう。

 

2⃣ポイント

たくさんのポイントを貯めたとしても、使い道が無なければ意味がありませんよね。カードを選ぶときは、貯めたポイントの使い道を考えましょう。キャッシュバックや電子マネーのポイントなど、有効期限が長く現金に近いかたちで利用できるのが理想的です。

 

3⃣優待店/特約店

決まった店を利用することで得られるポイントがアップしたり割引を受けられたりするばあいがあります。いつも利用しているお店で優待を受けられるカードがあれば、その店での支払い専用に作るのもありです。※年会費が必要なカードの場合は、元が取れるか計算が必要。

審査が甘いクレジットカード厳選14枚を比較!審査のポイントを解説【2017年最新版】

カードは何枚持っておくのがいいの?

管理が面倒くさい…と1枚だけにしておきたい人もいるかと思いますが、たとえ使わないとしても2枚目のカードは作っておきましょう!

決済に使う磁気部分が壊れてしまったり、紛失・盗難・不正利用の被害に遭ってしまった場合、使えるカードがなくなってしまいます。海外などでは、VisaかMasterCardにしか対応していないお店も多いので、異なる国際ブランドのカードを持つことも大切なポイントです。

ただし、カードを次から次へと増やしてしまうと、年会費がかさんでしまったり、ポイントを貯めきれず有効期限が切れてしまったりと、使いこなせる枚数には限界があります。

 

どこで使うか、どの程度の金額を使うかなど、自分のライフスタイルに合ったカードの組み合わせを見つけることが重要になります。

しかしあまり細かく考えすぎると、ポイント疲れしてしまいます(・_・;)還元率だけにこだわらず、ポイントの使いやすさなど、自分がいかにストレスフリーで利用できるかを意識してカードを選んでください。

-クレジットカード

Copyright© クレジットカード2chまとめ , 2017 AllRights Reserved.