クレジットカード

インドネシアでクレジットカードの国内決済を義務化の方針

投稿日:2017年7月31日 更新日:

インドネシアの中央銀行、インドネシア銀行はデビットカードの「全国決済ゲートウエー(NPG)」の規定を発表した。

デビットカードの利用は2018年半ばから、クレジットカードの利用も19年から国内で決済されることになる。

審査が甘いクレジットカード厳選11枚!主婦でも申込みOK!審査通過のコツを解説

現時点でインドネシアでは1億3000万枚のデビットカードが発行されているが、利用の8割強の銀行間取引がビザやマスターカードなど国際決済サービス事業者により国外で処理されている。

「決済サービス会社は、提携先の国内決済取引がNPGを通じて処理されるようにしなければならない」と、インドネシア銀行の移行プログラム責任者は説明する。

おむつを買うならAmazonファミリー!人気のムーニー・メリーズ・パンパースがお得でクーポンも復活!

インドネシアの銀行は、18年6月までに少なくとも2社の国内決済サービス会社と契約を結ばなければならない。決済サービス会社は、ATMや電子データ収集システムを通じて銀行間取引を円滑にする。

楽天ポイントカードアプリ パンダデザイン開始でキャンペーン中

-クレジットカード

Copyright© クレジットカード2chまとめ , 2017 AllRights Reserved.